赤ちゃんにも!人気のウォーターサーバーの価格サイト

当サイトでは赤ちゃんのミルクにも使用できる天然水ウォーターサーバーの説明やお母さんたちの体験談などについての情報をまとめています

*

赤ちゃん用のミルクに国産の天然水

   

aka_1
先日、我が家に家族が増えました。かわいい男の赤ちゃんです。このかわいい息子の健康のためにも自宅の環境を整えることにしました。

まず始めに検討したのが飲料水についてです。人間の水の占める割合は、胎児は体重の約90%、赤ちゃんは約75%、子供は約70%、大人の私たちでは約60%と年齢によっても大きく違います。赤ちゃんは75%も水で出来ているのでやはり安全で健康的な水を飲んで欲しいと考えました。 現在マンションに住んでいる為、飲料水はスーパーで買ったペットボトルの天然水を飲んでいました。もちろんマンションの水道水も飲めるとは思いますが、一度貯水槽に貯められた水ということもあり少し敬遠していました。結婚するまで住んでいた実家は一軒家だという事もあり水は上水道から直接流れてくる為、そのまま飲むことに抵抗はありませんでした。マンションだとそういうわけにはいかず、赤ちゃんの健康の為にも安全安心な水を手に入れる必要がありました。
aka_2
いろいろ調べていると赤ちゃんには外国の天然水は体に合わないことが多いらしく、現在飲んでいるペットボトルの天然水は使うことが出来ませんでした。外国の天然水の多くは硬水となっており、ミネラルが豊富に含まれているという利点はありますが、赤ちゃんのお腹には刺激が強いそうで、下痢を引き起こす原因となるそうです。その為現在使用しているペットボトルの天然水は赤ちゃんのミルクを作るのに不適切であり、別の方法を探すことになりました。テレビや新聞でよく取り上げられているミネラルウォーターが自宅で手軽に飲めるウォーターサーバーというものも検討しましたが、自宅にサーバーを置くスペースが無く、料金も比較的割高な事もあり断念しました。そこでペットボトルの水を外国産の物から日本産の物に変えることにしました。

日本産の天然水は軟水といってミネラルはあまり含まれておらず、飲みやすい口当たりとなっています。赤ちゃんにもそのまま飲ませることもでき、もちろんミルクにも使えます。そして何より日本産ということで安心もできます。実際にスーパーで購入した日本産の天然水を赤ちゃんのミルクで使用していますが、今のところ下痢やその他消化器症状は見られません。大人の私たちも同じ水を飲んでいますが、以前の外国産の天然水と比べて飲みやすく感じました。味は特に変わらない気がしましたが、飲みやすさという点では日本産が勝っていると感じました。

赤ちゃんだけでなく、人間が生きるうえで大切な飲料水。健康に気を使っている人もそうでない人も一度見直してみてはいかがでしょうか?

(画像2点は素材GoodさんHPより)

 - 体験談